今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

秋の空と縁側

投稿日:

IMG_5019.jpeg
 暑さもギラギラ感が和らぎ、
 青空に巻雲(けんうん)という細く靡いた線が横に引かれた。
 空の高いところ、「対流圏」の上部にある氷の粒がこんな美しく見えるのが不思議だ。
 「対流圏」よりもうチョット上に行っちゃうと「成層圏」って層になって、そこには雲はない。
 この巻雲は、「すじ雲」とか「ろっ骨雲」とかいろんな名前がある。
 今日見えたこの雲は、肋骨(ろっこつ)というよりも、
 カレイやヒラメの縁側(エンガワ)に似ていると思った。
 解剖学的には、担鰭骨(たんきこつ)というらしい。
 近頃この部位は、回転寿司でも人気のメニュー。
 カレイやヒラメのエンガワの由来も、
 家屋の縁側に似ているからというもの。
 この前は、「カレイのみりん漬け」を焼いて食べた。
IMG_4647.jpeg
 縁側の部分の小骨に少し辟易としたが、甘くて美味しかった。
 回転寿司のエンガワは、骨とかなくて脂が乗っていてこれもまたおいしい。
 しばらくカレイの煮付けを食べていないなと思って、
 写真を探してみたら、
 水カレイのバター焼きは数ヶ月前に食べたが、
IMG_5628.jpeg
 カレイの煮付けは、それよりさらに数ヶ月前だった。
IMG_4790.jpeg
 やっぱり「ついこの間」は「1年」くらい前かもしれない。
 そんな縁側の秋の空だった。

-乾癬

執筆者:


  1. Aki より:

    過日はごちそうさまでした、
    みりん干し、みりん漬け、西京漬け、魚は美味しいなー

  2. KURI より:

    Akiさん
     こちらこそです。
     海が近くになかったから、いろいろ無いなりに工夫してきた気がします。新鮮な魚はどうやったって美味いですもんね。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

鶏ごぼうおこわ

 赤飯で使ったもち米がまだ少し残っていたので、白米と半々で鶏ゴボウおこわを作ってみました。  鶏もも肉とごぼうを醤油と砂糖などで甘めに煮込んで、それをお米ともち米と一緒に炊き上げました。  炊きたても …

no image

湖岸の夜桜

 家内と買い出しを兼ねたウォーキングで湖岸の夜桜に出逢った。 持っていたコンデジで、1秒間の露出時間で撮影した写真。  プリンスホテルの庭ではユキヤナギと桜のコラボで幻想的に撮れた。  自分の目で見る …

no image

神戸プリン

 次女が雨の中を校外学習で神戸へ行ってきました。 メリケンパーク、ポートタワー、中華街など海沿いのコースだったようです。  お土産は、「神戸プリン」。 これ好きなんです!  あぁ、またキャビネットプリ …

no image

DVD「マリと子犬の物語」

 動物と子供モノの映画は、いかにもそれだけで泣かせようとする魂胆がみえみえだからという偏見でなるべく観ないようにしているのですが、子供がレンタルしてきたついでに観ることになりました。  思った通りのス …

no image

牛乳なしのたまご蒸しパン

 蒸しパンはたまに作る。  小麦粉、玉子、牛乳、砂糖、ベーキングパウダーを混ぜ合わせて、蒸し器で蒸して出来上がり。  昔からある簡単なおやつ。  今回もチャチャっと作ろう思って、  小麦粉を100g計 …