今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

大谷駅・東海自然歩道・長等公園・蝉丸神社

投稿日:

IMG_5519.jpeg
 最寄りの駅から170円の区間。
 路面電車から山岳鉄道へと変わるあたりで下車。
 以前にも書いたことがある、傾いたホーム。
IMG_5520.jpeg
 ベンチの足の長さが違う。
 京阪電車で乗り降りする人が一番少ない駅。
 音羽山の登山口でもある。
IMG_5521.jpeg
 昔ながらの集落を歩いて、その先の蝉丸神社へ。
IMG_5523.jpeg
 すぐに左手に石段が見えてくる。
IMG_5524.jpeg
この石段を登ると右手に見えるのが「蝉丸神社」。
IMG_5526.jpeg
 かの有名な百人一首「これやこの 行くも帰るもわかれつつ 知るも知らぬも逢坂の関」。
 その蝉丸だ。
 この本殿の脇を抜けていく。
 IMG_5528.jpeg
 ↑本殿の脇を抜けるとすぐにこんな山道。後ろに見えるは音羽山。
IMG_5531.jpeg
 ↑  2〜3分歩くと、この道標にぶつかる。右は音羽山山頂へ、左は長等(ながら)公園。
 いつもはここから音羽山に登るが、今日は一人で軽く長等公園までお散歩。
IMG_5533.jpeg
↑  5分ほどきつい坂を頑張って登り、
  2分ほど緩い上り坂を登れば、
IMG_5535.jpeg
 ↑ ちょっと広いところに出て、今日の頑張りはおしまい。
 ↓あとはこんな気持ちの良いなだらかな道が続く。
IMG_5540.jpeg
 このコースは、
 「お父さん、今度山歩きに連れてって」と言う運動不足気味な長女と一緒に歩こうと思っているコース。
 一度2年くらい前に歩いたが、再び下見に来てみた。
IMG_5541.jpeg
 ポツポツと歩いている人にも出会うし、明るい道なので、
 ひとりで歩いていても寂しくない。
IMG_5545.jpeg
植林されているところもあるが、ほぼ自然な森が残っている。
IMG_5548.jpeg
 途中にあった展望の良いとされている場所も、
 木が生い茂ってしまっていて眺望はなかったが、
 やっと隙間から琵琶湖が少しだけ見えた。
IMG_5550.jpeg
 そうこう言っているうちに、もう長等公園に到着。
 ここまで駅から40分くらい。
IMG_5552.jpeg
 長等公園の展望台からは、琵琶湖がよく見えた。
 左手に比叡山、手前に市街地。遠くには琵琶湖大橋。
IMG_5559.jpeg
そこから三井寺別院の近松寺へ立ち寄ってから、
また別の蝉丸神社「関蝉丸神社」へ。
IMG_5566.jpeg
 鳥居のすぐ前に踏切があり京阪電車が通る。
IMG_5575.jpeg
 この付近はそこそこ斜度もあり、クネクネと山道を登る山岳鉄道っぽい。
 街まで下りてくると、
 そうか、今日は10月10日。大津祭の日だった。
IMG_5580.jpeg
 しかし、残念ながら今年も曳山(ひきやま)巡行および宵山の曳山行事は中止。
IMG_5581.jpeg
 曳山のからくり人形だけが、自治会館の2階に展示されていた。
IMG_5582.jpeg
 街中をのんびり歩いて無事に帰宅。
IMG_5584.jpeg
 緑の丸がスタートの大谷駅。そこからウロウロと1時間40分。
 7.14kmでおよそ1万歩。
IMG_5583.jpeg
 お昼ご飯は、温かい月見天ぷらうどんとかぼちゃ煮。
 日差しもキツくなく、気持ちの良いお散歩だった。

-乾癬

執筆者:


  1. Aki より:

    大谷駅付近の路線の斜度ってかつて乗ってた信越本線碓氷峠と同じなんですね!
    あちらは特急車両に機関車2両付けて上り下りしてたけど、そちらはそのままの車両で走ってるところがすごいw
    京都に向かって線路は下ってるのに、滋賀県なのも不思議・・・

  2. KURI より:

    Akiさん
     大谷付近って、あの信越本線碓氷峠と同じ斜度だったのですか! びっくりです。
     確かにいつも乗っているあの車両はかなり高額だと聞いていました。路面電車、急なカーブに急な斜面、そして地下鉄。自動運転機能も付いています。何度乗っても楽しい路線ですし、楽しい電車です。

  3. カラス より:

    今日の昼飯は、揚げ入り月見うどんにしようっとლ(´ڡ`ლ)

  4. 一般人 より:

    このベンチから立ち上がり、歩くとふらつきそうですね。

  5. KURI より:

    カラスさん
     見ちゃうと食べたくなりますよね。(^_^)
     歩いて仕事から帰るときに、どこからともなく美味しそうな匂いが漂ってきます。そのままそれが晩ご飯のメニューになることも多いです。

  6. KURI より:

    一般人さん
     平衡感覚おかしくなるかもしれませんよね。こういうホームのベンチこそ、向きを変えた方がいいのかもしれません。

  7. 匿名 より:

    >昔ながらの集落を歩いて
     ⇒趣がありますね。

  8. KURI より:

    しんちゃんママさん
     この辺りが、東海道五十三次の最後の宿場「大津宿」を出て20分ほど歩いた峠に差し掛かるところ。京都へ入るための最後の関所である「逢坂の関」のあった場所になります。国道1号線から脇に入ったところなので静かですが、国道はビュンビュンと車が通っています。山の中は、トンネルで、JR東海道線、東海道新幹線、名神高速道路が通り抜けます。昔ながらの峠道を、京阪電車と国道が通っているなかなかの交通の要所です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

大文字山(自宅ー小関越えー三井寺分岐ー如意が岳ー山頂ー七福思案処ーGコースー毘沙門堂ー山科駅)

 今日も張り切って自宅から大文字山へ歩いていきます。 長等商店街を通って、小関町から小関越え。登りきったところから右の山へ入り、三井寺分岐を経て、如意が岳を目指します。  ↑こんな感じの道ですが、気持 …

no image

細長い家

大津市の市街地ではこういった細長い家が多いです。京都もよく「うなぎの寝床」と言われるような、入り口は狭いが奥行きがある家が多いのですが、このあたりも同様です。田舎ではあり得ない構造ですよね。敷地いっぱ …

no image

豚天

食べかけの写真でお見苦しくてごめんなさい。  豚ロース(生姜焼き用)に塩こしょうして、天ぷらにしました。  ひとつは、生オクラを刻んで醤油とかつお節で味付けしたものを天ぷらにのせて、ポン酢をかけました …

no image

関東弁と関西弁

 我が家では、北関東弁と標準語と関西弁と京都弁と大阪弁と奈良弁が入り混じっている。  というと大袈裟だが、  リビングに私がいるときは標準語で、  居ない時は標準語訛りの関西弁。  子供が友達と喋って …

no image

芋づる

 知人に芋づるをいただきました。サツマイモの茎の部分です。  皮を剥きます。これがちょいと大変。右手の親指の爪が黒くなってしまいました。  皮を剥いたら、鍋にお湯を沸かし、5分間ほど下茹でして、冷水に …