今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

料理の写真

投稿日:

10482449_843716775696886_1550736769356596070_o.jpg
  毎日、晩ご飯を撮影している。
 「いただきます」の直前に、みんなを待たせての撮影なので、5〜6秒の間に2〜3枚撮る。
 近づいて撮って、引いて撮って、場合によっては一緒に食べる顔も撮る。
 デザートも撮る。
11999814_869004313168132_5212523183109403454_o.jpg
 甘いモノの時は、大抵みんないい笑顔をしているので、その笑顔もいただく。
 特別な朝は、朝食も撮る。
13669252_1026562904078938_5487705837355065253_o.jpg
 珍しく子供たちが揃ったりすると、目玉焼きにスマイルを添える。
 長いこと弁当も作っていた。
10931609_763292847072613_3532077492293472275_o.jpg
 そんなこともあったなぁと、今となっては遠くを見るように懐かしい。
 頑張って働いたら、美味しいものを食べたくなる。
 美味しいものを食べたらまた頑張れる。
11888594_860081244060439_7234240189250405834_o.jpg
 昔のように、家族7人揃うことはもうあまりないかもしれない。
 夫婦ふたりだけということが多くなった。
 ふたりはふたりなりに楽しい。
 気持ちは付き合っていた当時のままだ。
IMG_5980.jpeg
 「久しぶりに『たそがれ清兵衛』を観てさぁ。」
 「あの映画の真田さんよかったよねぇ。宮沢りえの演技もすごくよかった」
 こんな何気ない会話が出来ることがとても幸せなことなんだと思う今日この頃。
13041042_974922355909660_8297114978993609203_o.jpg
 たまたまひとりで食事を作って食べることになって、
 「やば、これマジうまいわ。」って時に、
 「次はこれ作ってあげよう」と思うワクワクする気持ちと、
 それを食べている時の相手の笑顔を想像することが幸せだったりする。
 感動を共有できる人がいるというのは幸せなこと。
 母は死んでしまったけれども、
 「今日は昔お袋さんが作ってくれたあの料理を作ってみたよ。なんだか懐かしくなってさ。」と、仏壇に話しかけると、
 遠く離れて暮らしていた時よりも身近に感じたりする。
 子供たちに作ってきた料理は、
 きっとその多くは忘れられてしまっているだろうけど、
 「なんか変わったもんいっぱい作っては食べさせられたわ」って思っているだろうと思う。
11011629_857411064327457_3079949880233894410_o.jpg
 食材をかき集めて、調理してみんなで食べる。
 毎日の「おはよう」と「おやすみなさい」と、
 たくさんの「いただきます」と「ごちそうさま」。
 人生はその繰り返しで出来ている。
 さて、今夜は何を食べようか?

-乾癬

執筆者:


  1. 匿名 より:

    長いこと弁当も作っていました
    ⇒同じく。
      しんちゃんパパ、サラリーマン時代はお弁当。 
      息子たちも幼稚園・高校・大学はお弁当。
      あの頃は月にお米30キロ。なつかしいです。  
      今はお米5キロを食べるのに1ヶ月以上・・・。
      
      昨晩はしんちゃんパパが会社帰りに北千住駅で買ってきてくれた
      定番テイクアウトが主食でした。
      
      
      
      
      
      

  2. 一般人 より:

    子供の弁当は大変。

  3. カラス より:

    まっこと美味しそうなお料理。拝見しながら、ゴクリと喉が鳴りました。
    「料理が趣味」と公言なさるだけあって、盛りつけから考えられている。
    お弁当の写真では、思わず感嘆の声をあげました。
    ワタシ、結婚して間もなく、義理の母から、刺身の盛りつけを命じられたことがありました。それは、ワタシの腕を試すものだったらしく、見事に死んだ魚が寝そべっているような無様さに、絶句されたという苦い経験がありまっす。
    いまだに、センスゼロです。

  4. KURI より:

    しんちゃんママさん
     ひと月にお米30kgはさすが男の子ですね! 我が家は女の子が多かったので、人数は多くても10kg少ないです。

  5. KURI より:

    一般人さん
     高校時代は自分も母に作ってもらって、「これは入れるな」とか、「あれは美味しくなかった」とか文句言っていました。今、「あの時はごめんなさい、そしてありがとう。」と仏壇に手を合わせています。

  6. KURI より:

    カラスさん
    >死んだ魚が寝そべっているような無様さ
     
     その文章の表現力は、最高の盛り付けに感じてしまいます。(^_^) いつもながら、お辛い出来事だったはずなのに、つい笑ってしまいます。

  7. Aki より:

    『これは入れるな』『あれは美味しくなかった』とかは言わなかったけど。
    『これ美味しいから毎日これでいいです』『これ以外は止めてください』ってお願いしました・・・

  8. KURI より:

    Akiさん
     なぜか、今になって思い出してしまいます。今まで気にもかけていなかった親へ放った言葉の数々。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

夏越しの祓

今日は「名越しの祓(なごしのはらえ)」。 今シーズン2回目の「水無月」を作りました。 前回は小麦粉が7割の上新粉3割でしたが、今回は上新粉8割小麦粉2割で作ったのでモチモチ。砂糖もちょっと多目で甘甘。 …

no image

境目

 冬型の気圧配置が続いて、季節風が吹いています。  群馬では「赤城おろし」という名称でしたが、ここ大津では「比叡おろし」と言います。  比叡山から北へ続く比良山系にかかる雪雲が、日本海側気候と内陸気候 …

no image

朝飯前の散歩(小関峠・藤尾奥町・山科疎水・御陵・七福思案処・南禅寺・蹴上駅)

午前6時に目が覚めて、 30分でおにぎりとお茶を用意して、 午前6時30分にそーっと玄関の引き戸を開ける。 右側、自転車の足元に小さな七色。スポークに付いている反射板による屈折だろうか? 彩雲を見つけ …

no image

大津駅

 新緑をバックに大津駅を撮影。 これが県庁所在地のJR駅か?と思うほど田舎っぽいですねぇ。アングルを変えて取ればもう少し都会的に写せるかもしれませんが、まぁこんなもんです。

no image

映画「利休」@シネマホール

 今日は「大津祭」が行われるなかいつものシネマホールで「利休」という映画を観てきました。  1989年の作品で、利休を演じるのは三国連太郎、秀吉を山崎努が演じています。この二人の演技はためいきが出るほ …