今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

好きなんだから仕方ない

投稿日:

IMG_6807.jpeg
 釣りに夢中だった時は、
 雨の中でもカッパを着て竿を出し、
 極寒の中で雪をかき分けてワカサギを釣りに行ったり、
 水溜りを見つければ糸を垂らしたかった。
 ロックに夢中な時は、
 大音響に酔いしれて、
 社会に背を向け、
 髪を伸ばして自分の世界に浸っていた。
IMG_6801.jpeg
 寒空の下、
 湖水も冷たかろうに、
 水上スキーを楽しむ人を笑うことは出来ない。
 自分もやってきたからなぁ。
 インドア派の妻にしてみれば、
 「寒い冬に、雪深い山に登る意味がわからない」
 「わざわざ面倒な準備をしてまで野外で料理して、寝心地の悪いテントの中で寝る人の気持ちがわからない」
 まぁそう言ってしまえばそうだろうけど、
 「そこがいいんだよ!」って粋がっても、
 その温度差は埋まらない。
 夢中になっちゃうとそういうもんなんだよね。
 肩が凝ってしまうのがわかっていても、
 細かいことやりたくなるし、
 目が疲れたって本は読みたくなるし、
 健康のために始めたことでも、
 やり過ぎて体調壊したりする。
 「もう大変大変」と言いながらも、
 みんなやめたりしない。
 「私のは違う」「他のと一緒にするな」
 と言っても、みんなおんなじように見えるのだけどなぁ。
 面白いよね、みんなそんなことを繰り返して来たんです。
 みんな滑稽にもそれをやめられずに続けて来ちゃっているんです。
 とても立派で誇らしいことです。
IMG_6797.jpeg

-乾癬

執筆者:


  1. あかいみ より:

    楽しみというものはその内になんらかの「めんどくささ」を包含している、というか、というか、「めんどくささ」を楽しいと思っている、というか「めんどくささ」を自分なりにクリエイトできる行為しか楽しいとは思えない、、というところが趣味の本質なのではないでしょうか。時々「仕事が趣味です」っていう人がいるけどそういう人の仕事ぶりって効率的には??の場合が多々あるよね。風呂敷一回広げて中身並べなおしてもう一回包みなおす、みたいな。決して右から来たものをそのまま左に流すようなことはしないその行為に「いったい何の意味があるの?」というところはインドア派から見たアウトドア派と同じなんだけど、こういった人の仕事は後でものを言ってくることが多い。プロ化とは趣味が高じることなのかもしれません。。まあ、それでお金が稼げるかはニーズとの兼ね合いですが(笑)。ところで俗にいう「コンピュータゲーム」を生涯通算1時間くらいしかしたことのない私は常々「人の作った樹形図たどって何が楽しいの??」と思ってます。RPGのことですが。

  2. 匿名 より:

    >わざわざ面倒な準備をしてまで野外で料理して、寝心地の悪いテントの中で寝る人の気持ちがわからない
     ⇒そう思っていましたが、『ヒロシのぼっちキャンプ』を見て、考えが変わりました。小さい鉄板の上で、拾ってきた枯れ木や枯れ葉で小さいたき火することに憧れています。

  3. Aki より:

    日常からどれだけかけ離れているかで、満足感は違うだろうけど、日常に特別不満が無ければ、特段そんな趣味に走る必要もないでしょう。
    いろんなものに対して『それのどこが楽しいの?』って思う人は、日常に充分満足なんでしょう、それはそれで何よりです^^

  4. KURI より:

    あかいみさん
     「よーやるわ」とか「まめやねぇ」って言われることを飽きもせず続けられることがあるってことは素晴らしいです。それがたまたま仕事だったなら、本人がそれで幸せだったらそれはそれで羨ましいな。
     「人生とRPG」。似ていると思うか、まったく別と思うか。人生もゲームも、色々な楽しみ方があります。(^_^)

  5. KURI より:

    しんちゃんママさん
     私も今、とっても「焚き火」に憧れています!
     この週末も湖畔のキャンプ場は、テントがいっぱいでした。妻は「この寒いのによーやるわ」と言いますが、私は「楽しそう!」ってお目々キラキラでした。(^_^)

  6. KURI より:

    Akiさん
     日常のルーティンに空き時間のない人ってそれはそれで充実していていいなって思います。空き時間が出来た時に、すぐに「あれやろう!」っていう引き出しをいっぱい持っていたいなって思います。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

自分で決めたいこと

 これも養老孟司先生の講義から。  「自分で決めたいことと、自分で決めたくないこと」  アメリカ人と日本人にそれぞれ書いてもらったと。  表には「それは絶対に自分で決めたい!」ってこと、  裏には「そ …

no image

父の日

 昨日の父の日は末娘の誕生パーティと重なり、みんなその存在すら忘れていると思っていました。  パーティが終わりお風呂から出たところで、  「はい、これ。  父の日のプレゼントね」  と言って、長女がく …

no image

誕生日ケーキ

 ダイエット中の私が、末娘のために誕生日ケーキを作りました。  先日作ったレアチーズケーキの上にイチゴとキウイをちょっとカッコつけて並べただけですが、  それなりの見た目にはなったかなぁ。  少しだけ …

no image

劇場映画「北辰斜にさすところ」@滋賀会館シネマホール

「平成13年、鹿児島の七高同窓会のメンバーたちは、翌年に控えた「七高野球部創部百周年」の打ち合わせをしていた。その中でかつて、伝説のエースと言われた上田勝弥が復員以来、一度も式典に出席していない事が話 …

no image

大文字山(諸刃神社~雨社~大文字山~如意が岳~長等山~山上不動尊~皇子山公園)

 昨日も大文字山へ行って来ました。  メンバーはいつものマルさんとKさん。  山科駅集合が午前10時です。  時間通りに山科駅を出発し、東へ歩き5分ほどで諸刃神社へ到着。  右手に見えるジグザグの道を …