今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

生芋こんにゃくを作ってみた

投稿日:

IMG_6840.jpeg
 群馬県下仁田からこんにゃく芋(2kg)を取り寄せた。
IMG_6841.jpeg
 とってもご丁寧な作り方と、凝固剤(水酸化カルシウム)や桑の葉のお茶まで入れてくださっていた。
 こんにゃく芋(2kg:1000円)と送料1000円の合計2000円。
IMG_6855.jpeg
 2kgの芋のうち半分の1kgだけ使って作ってみる。大きいのが600gで小さいのが400gあった。
 よく洗って芽の部分とかを取り除く。皮はほぼ剥かなかった。
IMG_6856.jpeg
 半分に切ると山芋っぽい。
 このくらいの大きさに切って、
IMG_6857.jpeg
 大鍋にお湯を沸かして茹で始める。
IMG_6858.jpeg
 20分から30分弱で、箸を刺すとスッと通る感じでOK。
 残り半分のこんにゃく芋は、同様に切ってジプロックに入れて「生のまま」冷凍しておける。
IMG_6859.jpeg
 今回のが食べ切ったらまた作ろう。
 茹で上がったこんにゃく芋と3リットルの水を用意する。
 ここからが一番大変な作業。
IMG_6860.jpeg
 3つくらいの芋と500mlの水をジューサーミキサーに入れて攪拌。
 ひたすらこれの繰り返し。
 以前はすりおろした時もあったが、とてもじゃないがそんなことやっていられない。
 どうにか全ての茹で上がった芋と水を合わせてこんにゃくらしくなってきた。
 これを均一になるまで混ぜ合わせて30分ほどそのまま寝かせた。
IMG_6861.jpeg
 続いて凝固剤。
 同封の水酸化カルシウム(2g×4袋 合計8g)を100mlの水に溶かして、
 水溶き片栗粉みたいな感じ。
IMG_6864.jpeg
それを一気に手や木べら、ゴムべらなどを使いつつ混ぜ合わせる。
固まってしまう前に慌てすぎず且つ素早くまとめてバットへ入れて、
ペタペタと表面を平らにする。
IMG_6865.jpeg
↑この状態で30分から40分置いておくと、切れるようになり、
適当な大きさに切ってから、再び大鍋で茹でる。
IMG_6867.jpeg
我が家で一番大きな鍋でも入りきらないので、
もう一つの鍋を出して2つの鍋で茹でた。
茹でていると2割増しくらいに膨れるので、
鍋の大きさギリギリまで入れちゃうと溢れる。
少し余裕をもらせたつもりでもこの通り。↓
IMG_6871.jpeg
 冷えると少し収縮するが、茹でる前よりは縮まない。
 30分~40分ほど茹でたら火を止めて、
 そのまま朝まで放置しておいた。
 翌日の昼ごはんの時にひとつ取り出して薄くスライスして食べてみた。
IMG_6874.jpeg
 アクもなくすっきりとした味わい。
 こんにゃくの味もしっかりあって、
 歯応えは少し柔らかめ。
 こんなこんにゃく初めてだ。
 妻にも「できたよ〜」と、醤油だけかけて出してみた。
 「美味しいねー!」
 なかなか上出来かも。
 夜は定番の「味噌田楽」と、
IMG_6877.jpeg
 からし酢味噌を作って刺身こんにゃくで。
IMG_6878.jpeg
 今朝は、白だしと七味をかけてさっぱりと。
IMG_6882.jpeg
 煮たり焼いたりは、これから色々試していきたいと思う。
 いきなり1kg分のこんにゃく芋で作るのはちょっと大変かも。
 単純に考えても、1kgの芋と3リットルの水なので、合わせれば4kgのコンニャクが出来上がるという計算。
 ボウルも直径50cmほどの大きいやつを使ってやっとだったし、
 鍋も直径40cmほどの大鍋。
 最初は芋500gで作るのがいいかも。
 出来上がったこんにゃくは大量でご近所さんに助けていただいた。
 掛かった時間は、芋を洗い始めたのが午後4時半で、
 茹で上がったのが午後6時半。
 およそ2時間掛かった。
 実際に食べられるのは翌日の朝以降。
 なかなか大変な作業だったけど、楽しかった。
 きっとまた作ると思う。冷凍した生芋もあることだし。
 出来上がったこんにゃくは想像以上に美味しいです!

-乾癬

執筆者:


  1. Aki より:

    粉末で作ったことはあるけど、イモからは無いなー
    先日も道の駅『下仁田』でたくさん蒟蒻芋が売られてたけど、買う人はマニアなんだろうなーって見てました、お疲れ様です

  2. 匿名 より:

    Aki様と同じく、粉からしか、作ったことがありません。
    わかりやすい写真、ありがとうございます。
    おいしそうですね。
    歯ごたえもありそうだし・・・。

  3. KURI より:

    Akiさん
     私は芋から作るのは2回目だけど、粉末からはないです。
    前回は凝固剤の苦味がしばらく残ったけど、今回はそれがなくてスッキリと美味しいです。

  4. KURI より:

    しんちゃんママさん
     思いの外、美味しくできました。でもなかなかの力仕事。作業スペースもそこそこ必要ですしハードル高いなって気がしました。でも味は抜群です。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

DVD「キトキト!」

 表紙の大竹しのぶさんの笑顔に誘われて借りてしまいました。「キトキト」とは富山弁で「生きがいい」「新鮮」とかいう意味のようです。  大竹しのぶさんが富山の田舎のおばちゃんの役を見事に演じています。方言 …

no image

キャンディーズ

 今日もCDをレンタル。 キャンディーズの2枚組ベスト盤を借りてきました。  映画「結婚しようよ」の中で中の森BANDのAYAKOが歌う「アンドゥトロワ」がとても良かったので、それ以来キャンディーズが …

no image

大晦日の大雪

 今年初めての雪が朝から降り始めて、午前中だけであっという間にこんなに積もりました。  そして今年最後の雪はまだまだ来年初めての雪として降り続く勢いです。  ちびっ子たちは久しぶりの雪に、さっそく防寒 …

no image

映画「そして、バトンは渡された」

  どちらかというと、  「登場人物、みんないい人」  そんな映画やドラマが好きだ。  ストーリー上、悪い人に見えたけど「実はいい人」、  「本当はいい人」だけど、わざと悪い人ぶっていた。  結果的に …

no image

どうしてこんなところにコレがあるの?

 小さなパックに3つ入ったミョウガ。  蕎麦の薬味に使おうと3つのうち1つだけ取り出して、  残りは冷蔵庫の野菜室に片付けたつもりだった。  しかし、味噌汁にも入れようと思って再び野菜室を開けたら、 …