今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

懐かしのケーキと高級ガトーショコラ

投稿日:

IMG_6144.jpeg
 その駅から5分ほど大通りを歩いたところにある小さなチョコレート屋さん。
 ほぼガトーショコラだけしかないお店。
 ズシリと重いそれは、1本 2,700円と立派なお値段。
IMG_6173.jpeg
↑ 家まで4時間ほど掛かると言ったら、こんな立派な保冷バッグに入れて持たせてくださった。
帰宅してから妻による「開封の儀」。
IMG_6174.jpeg
「英字の情報誌みたいな紙に包んであって、なんだかオシャレよね」
 と、妙にうれしそうに解きはじめる妻。
IMG_6175.jpeg
「ズッシリと重いよ、ギッチリ詰まっている感じ。何重にも厳重に包んであるわぁ。」とやたらと饒舌。
IMG_6177.jpeg
「なんだか金塊って感じよね? この見た目よりもやたらと重い感じ。」と喋り続ける。
「小麦粉は使っていないって書いてある。チョコレートと卵とバターで出来ているみたいよ。」
IMG_6178.jpeg
やっと姿を現した。
この重量感からして、そこにいた4人で食べちゃう?って感じではなく、
「ひとり1cmくらい?」という感じ。
IMG_6179.jpeg
ということで、ひとり1cmくらい。
切るにも一苦労。
切ったら切ったで、包丁が抜けない。
ガトーショコラを抑えながら、かなりの力で包丁を引き抜いた。
IMG_6181.jpeg
 「食感」は、ほぼ「バター」に近いかな?
 1cmで十分。
 高級なカカオと、美味しいバター?生クリーム?と砂糖を練って固めた感じ?
 この美味しさを説明するのに、すぐに思いついたのがこれ。
スクリーンショット 2021-11-08 10.45.50.png
 子供の頃にバンホーテンのココアを作るのに、
 ココアパウダーと砂糖をお湯でよく練って、
 それを濃いやつをちょこっと味見してみたその味。
 あの練ったものに、バターや生クリームを入れて固めたものって感じかな?
 これ一気に1本食べたら「鼻血が出るよね」ってみんなで話していた。
 それくらい濃厚。
 ほんの少しで満足感が得られた。
 また機会があったら買ってみよう。
 駅に着いてすぐに気がついたが、
 駅のモールに新しく「5Horn(ファイブホルン)」が進出していた。
 学生時代、美味しくてよく食べたケーキ。
 懐かしくてショーケースを覗き込んだ。
 当時一番お気に入りだった「バナナマロンパイ」はもう売っていないが、
 美味しそうなケーキがたくさん並んでいた。
 その値段に目が飛び出た。
 一切れ、やや大きめとは言え、890円とか・・・。
 もうあの「バナナマロンパイ」はないのかな?と調べたら、
 3年ほど前に、「開業当時の人気ケーキ『バナナマロンパイ』を4日間だけ復刻します」というイベントあったらしい。
 あぁ、またあのバナナマロンパイが食べてみたい。

-乾癬

執筆者:


  1. Aki より:

    ファイブホルン懐かしい、ホントに大きなケーキでしたね~ケーキ屋さんや喫茶店、紅茶のお店なんかもあったなぁ、そう思うと松本は都会でしたね。
    他近いところで諏訪湖も観光地化してて、お茶のみに行くには手頃な距離でした。

  2. 匿名 より:

    ステキな店構え。
    すべてに高級感ただよっていますね。
    >バナナマロンパイ
     ⇒何と魅力的なお名前でしょう。
    >「開封の儀」
     ⇒わかるわかる。
    我が家の仏壇前には毎年恒例の「開封の儀」をすべき和菓子あり。
      貧乏症なので、賞味期限ぎりぎりまで延ばす予定です。

  3. アプリ より:

    >ほぼガトーショコラだけしかないお店
    それだけ聞いただけで、上々の出来の一品なんでしょうね。
    しっかりと何重にも包装されていて、保冷バッグまで用意してある、きっと遠くに帰る方を想定して準備されているのですね。
    >一切れ、やや大きめとは言え、890円とか・・・。
    たまに東京に用があって、帰りに駅の出店などで販売しているケーキ類の値段を見ると同じくらい高いですね。さすがに高いだけあって、持ちかえる袋も無料ですが、買うのには勇気がいりますね。それでも、行列ができているお店もあったりして目が誘われます。

  4. 一般人 より:

    包丁の切り口、変えるともっと高級感が堪能できるかも。

  5. KURI より:

    Akiさん
     松本はおっしゃる通り、あの頃からオシャレで素敵な街でした。今でも老後は松本で暮らしたいって思うくらいです。

  6. KURI より:

    しんちゃんママさん
    >「開封の儀」をすべき和菓子あり
     とっても気になりますねー。どんな和菓子なのでしょう。(^_^)

  7. KURI より:

    アプリさん
    >きっと遠くに帰る方を想定して
    お察しの通りです。遠方から買いに来られる方が多いようです。
     ケーキ1個890円は、ここぞ勝負の時!ならいざ知らず、自分へのご褒美でもちょっと高い。同じ値段出すならトンカツ定食を食べます。(^_^)

  8. KURI より:

    一般人さん
     切り口と切り方、載せるお皿と盛り付け方や照明など。演出次第で違うものになりそうです。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

長女の成人式

 呉服屋さんでの前撮りですでに晴れ姿を見ているとは言っても、やはり本番の成人式での晴れ姿を見るのは、父親として感慨深いものがある。    ついこの間まで、こんなに小さかったのにもうこんなに大きくなって …

no image

命短し恋せよオヤジ

 デートのチャンスは突然に訪れた。  しかも、年に一度の初詣のお相手とはかなりのポールポジション。  まぁ、誰とその位置を争っているわけでもないのだが、  彼女とふたりで出掛けるなんて何年ぶりだろう。 …

no image

阿闍梨餅

 京都の銘菓「阿闍梨(あじゃり)餅」をいただきました。  コレ、家内の大好物。 阿闍梨がかぶる「あじろ笠」に似ているので阿闍梨餅というようです。  食べかけの写真で申し訳ありません。  中身は丹波大納 …

no image

映画「街のあかり」@シネマホール

 アキ・カウリスマキ監督の敗者三部作の最終章である「街のあかり」をシネマホールで観てきました。  「泣き」なし、「笑い」なし、役者は無表情、ラストのすっきり感微妙、セリフ少なし、意味不明な描写も多いの …

no image

エルミタージュ美術館展・京都

 朝からしとしと雨の日曜日。  予報通りだったので、あらかじめ山へ行くのはやめて  家内と京都市美術館で開催されている「エルミタージュ美術館展」に行ってきた。  京阪東山駅を下車し、風情ある白川を渡る …