今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

さようなら手数王

投稿日:

  「さよならだけが人生だ」
 近頃、こういうことなのかと思わされてばかり。
 「生者必滅会者定離」 命あるものは必ず死に、出会ったものは必ず別れることになる。
 わかっちゃいるけど、
 わかっちゃいるのだけど。
 このドラマーほど、門下生の多い人はいないだろうと思う。
 この人の教則本やYouTubeでの動画でドラムを学んだ人もたくさんいると思う。
 子供の頃からドラムを叩き、才能にも恵まれ、
 その多彩な演奏から「手数王」との異名を持つ。
 多くのテクニックを持ち合わせているという意味だろうが、
 1拍の間にどれだけの太鼓やシンバルを叩いているだろう?と思うほど、
 まるで腕が10本以上あるのではないか?と思う時もある。
 IMG_2363.jpeg
 最後にその演奏を聴いたのは、ほんの1年10ヶ月前。
 ASKAのバックで華麗なるドラムを叩いていた。
 その頃、すでに痩せて小さくなっていた印象であったが、
 明るい笑顔で元気にツアーをこなしていた。
IMG_2366.jpeg
 1ヶ月ほど前に、
 ドラムを叩くことが難しくなったとのことで活動停止の報告があったばかり。
 その時はまだライブにも出ていたとのこと。
 まさかこんなにも早く訃報を聞くことになると思わなかった。
スクリーンショット 2021-11-09 21.50.03.png
 手数王こと「菅沼孝三」。
 全国のドラマーはきっと泣いているはず。
 全国のバンドをやっている人で、この人を知らない人はいないはず。
 たくさんの素晴らしい演奏をありがとう。
 それにしても早すぎる。62歳。
 合掌。

-乾癬

執筆者:


  1. Aki より:

    この方はそんな有名な人だったのですか・・・
    所属会の50代で逝ってしまう人のなんて多いことか…
    今年も60代の同じ歳と5歳年上の会員二人が鬼籍に…
    大正生まれの会員とかいるのになぁ

  2. KURI より:

    Akiさん
     さすが、ご存知でしたか。ここ最近はいつも明るく笑顔で楽しそうにドラムを叩いているイメージしかないです。みんなが慕ってくるのもわかります。本当に早すぎる。残念でなりません。
     50代、60代前半での死はホント多いですよね。今から30年ほど前だったか、「41歳寿命説」という本がベストセラーになって、まだ20代だった私はビビっていました。無事に41歳は越えましたが、今は「50歳を過ぎたらいつ死んでもいい」という気持ちでいたいな思っています。

  3. 匿名 より:

    存じあげませんでしたが、ネットでは大きなニュースになってました。

  4. KURI より:

    しんちゃんママさん
     CHAGE&ASKAが大人気の頃に後ろでドラムを叩いていたのはほぼ菅沼孝三さんだと思います。
    「宝島」の和泉宏隆氏の古巣である「T-SQUARE」の現在のドラムは、坂東 慧くんで菅沼孝三氏の門下生ですし、たくさんの子どもたちが菅沼さんのドラム教室で学んでいて、多くの人たちから慕われていたドラマーでした。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

流鏑馬@近江神宮 2016

一昨年から11月から6月第一日曜日に開催されることになった近江神宮の流鏑馬。 今回は3頭。 特に一番後ろの小さい馬がかなりの速馬で、最初に走り抜けた時は観客席から「オォ~!」と歓声が上がるほど。 参道 …

no image

コースター緊急総点検

大津市にある小さな遊園地。そこには昔ながらのジェットコースターなどの遊具があり細々と営業しており、我が家も時々は気軽に遊びに行きます。ここのコースターはある意味怖い。ちゃんと点検しているのだろうか?今 …

no image

iPad2 感想 4日目

iPad2(Wi-Fi 16GB)を使い始めて4日目。 もう、夢中です。  いろいろ使用感を書いてみます。  電池の消耗はびっくりするほど少ないです。10時間使えるという宣伝は現時点ではウソではなさそ …

no image

iPad2~2ヶ月ちょいの使用感

  iPad2を購入して2ヶ月ちょいが経過して、飽きたという感じではなくもう生活の一部になってきたという雰囲気。  ダイエット中ということもあり、まず朝の日課は体重を量ってiPad2を使って体重を入力 …

no image

清滝~月輪寺~愛宕神社~首無し地蔵~神護寺~高雄 リベンジ!(前編)

 前回の登山で迷ってしまったことが悔しくてたまらないので、もう一度同じ道をたどってみました。  前回はJR保津峡駅から愛宕山に登りましたが、今回は清滝から登ります。  京都駅から京都バスに乗って1時間 …