今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

コアユの佃煮

投稿日:

IMG_7181.jpeg
 閉店間際のスーパー。
 鮮魚コーナーで、シールが何枚も重ね貼りしてあったパック。
 コアユが投げ売り。
 1パック630円のところを1割引き、2割引、3割引、半額。
 そして最後は130円にまで下げられていた。
 買わなかったらこのまま廃棄か?と思うと、コアユが可哀想になって、
 最後の残り2パックを購入。
 実際にこれだけを湖岸でサビキで釣ろうと思うと1日仕事。
 そう思えば1300円でも安いくらいが、2パックで260円。
 ラッキーというよりちょっと切ない気持ちになる。
IMG_7182.jpeg
 醤油と砂糖と酒とみりんを同量ずつ入れて、
 そこへ生姜をすりおろして沸騰させる。
 沸騰させたら、パラパラとコアユを入れていく。
 落とし蓋をして弱火でコトコト1時間ちょっと。
IMG_7183.jpeg
 自分の部屋のストーブで煮ていると、
 その部屋はもちろんのこと、換気用にと少し開けておいた引き戸から香りが漂い流れ、
 家中に甘露煮の甘い香り。
IMG_7187.jpeg
 今朝は、出来上がったコアユの甘露煮と炊き立てご飯で、
 贅沢な朝ごはんになった。
 −68cmくらいだった琵琶湖の水位も、少しずつ回復して、
 12月19日(日)の時点で、−47cmまで回復した。
 水位が減っても、漁獲量は今のところ大丈夫そうだ。
 でも、獲れても食べてくれる人がいないとねぇ。
 スーパーではいつも売れ残っているのが寂しい。
 買うとそこそこ高価な高級魚だけにもったいない。

-乾癬

執筆者:


  1. 匿名 より:

    >コアユが可哀想になって
     ⇒何となく、わかります。
      いつもの花屋さんの亡くなったご主人が廃棄直前の花2鉢を、
      「しんちゃんママさんなら、育ててくれる!」と言って、
      託されたのも同じだと思います。
      隣りで奥さんが「ご迷惑よ!」と止めていましたが、
      聞く耳持たず・・・。数年間、きれいな花が咲きました。
      

  2. Aki より:

    わかさぎの甘露煮より柔らかそうで美味しそう♪

  3. KURI より:

    しんちゃんママさん
     そうそう、その感覚と一緒です!(^_^)
     「俺が連れて帰ってやるからな!」と心の中で呟きました。
     きっとお花も喜んでいると思います。

  4. KURI より:

    Akiさん
     ワカサギはもう少し安い値段で売っていますが、やっぱり小さくても味と香りは鮎ですから、最高です。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

映画「武士の家計簿」@WOWOW

 私の世代では、典型的な日本時代劇という感じで安心して観ていられました。  まじめな文官を演じる堺雅人さんもとても適役で、微笑ましかった。  「南極料理人」は私が何度もリピートしまった映画ですが、その …

no image

カレーは

 なんだかんだで月に3回はカレーを作っているような気がします。 とにかく子供はカレー好き。  焼きたてナンとマンゴーラッシーも付いてご機嫌です。 暑い日は辛いカレーでいい汗かこう! 今日のカレーはバー …

no image

ダイエット~リバウンドとの戦い

 ダイエットをはじめて1年と9ヶ月ほど経ちました。  78kgほどあった体重は最初の3ヶ月で10数kg落ちて、一番減った体重が63kg。  しかし、そこから少しずつ増えてきて、65~68kgくらいを行 …

no image

虫の声

処暑を過ぎたあたりから、自宅の裏庭から虫の声が聞こえて来るようになりました。 いったいどんな虫が鳴いているのかな?と思ってネットで調べてみました。 私一人では頼りないので、次女にも一緒に聴いてもらいま …

no image

大文字山(山科駅~毘沙門堂~Aコース~大文字山~京都トレイル~日向大神宮~蹴上駅)

 木曜日の山行でのふくらはぎのつっぱりが、  昨夜のジョギングで、  やっと治まってきたので、  今日はいつものお散歩、大文字山へ軽く足慣らしに行ってきた。  マルさんたちとの山歩きと、このライフワー …