今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

社会の窓

投稿日:

 私が生まれるずっと前にNHKラジオで『インフォメーションアワー・社会の窓』という番組があったらしい。
 その番組は、社会の様々な問題の裏側を探る番組だったらしく、
 「普段見られない部分が見える」ということから、
 もう今では死語になってしまったが、
 「開いてるよ」と指摘するのも迷う「社会の窓」という隠語が生まれたという。
IMG_0543.jpeg
 教えてあげていいもんだかってことは他にもよくある。
 もう何十年も前になるが、
 「シャツ出てるよ」って指摘したら「KURIちゃん、今はこれがオシャレなんだってば」っていうことがあった。
 「背中出てるよ」「パンツ見えてるよ」「長袖シャツの上にTシャツ着ちゃってるぞ」「髪の毛クシャクシャだな」
 「もみあげ剃られちゃったのか?」「ズボンがずり下がってるぞ」「ヒザに穴あいちゃってるぞ」「不思議とここだけ白髪になってるのね」
 「そのズボンの丈、短すぎないか?」「あの娘、妙に顔が黒くないか?」
 街を歩いている人たちの、ちょっと目に留まってしまうものが「わざとそうやっているのか」「うっかり間違ってしまったのか」わからない時が多い。
 そういった過去の経験から、洋服に値札が付いたままでも「それは流行りのファッションなのかも?」って、注意する時に一瞬の戸惑いが出来るようになった。
 しつけ糸が付いたままだったり、女性のTシャツに「3XL」というタグが付いていたとしてもなかなか声がかけられない。
IMG_0768.jpeg
 中学高校時代には、制服をだらしなく着ることがカッコイイと思っていた時があった。
 ズボンのポケットに手を入れて猫背で歩くのが粋な時もあった。
 今は、「制服」っていうのはどんな人でもちゃんと着ればそれなりに見せてくれる素晴らしいデザインだと思う。
 しかし、それをちゃんと着ることに抵抗があったのはなぜだろう?
 型に嵌められることへの抵抗だったのだろうか?
 自身のない自分が、ちゃんと制服を着て立派に見えるのが嫌だったのだろうか?
 社会の窓から覗き見る、普段見られない部分。
 それが開いている時に、「わざと開けてあるのか?」それとも「うっかり閉め忘れているだけなのか?」。
 「そんなの閉め忘れに決まってるじゃん」と思うのだが、
 これからのファッション、何が流行るのかわかったもんじゃない。
 やっとシャツをインせずに外に出すのに慣れてきたら、
 またインが流行ってきたとか言うし、
 ズボンの上からズボン下を履くとか、
 上着を履いて、ズボンを頭にかぶるとか、
 目のやり場に困るファッションを着て、じっと見つめたら「変態!」と言われるのも不本意だ。
 今からたった10年前のファッションを調べてみた。
 原宿の男性編として、
 「激短パンツ」「タータンチェックのスカート男子」「かっちり系ショートヘア」「デニム on デニム 」「厚底」
 そして、
 「スェット」(上着がきちっとしたスーツで、下にパジャマのようにも見えるスエット)。
 こそっと「ねえねえ、下がパジャマのままですよ」って耳打ちしたくなる。
 昔だったら「そんなチンドン屋みたいな格好して!」って母親に怒られそうだ。
スクリーンショット 2021-12-21 10.41.31.jpeg
 もうどんな流行りが来ても驚かないぞ!と思っても、
 きっとその斜め上を行くファッションがやってくるのだろうと思う。

-乾癬

執筆者:


  1. 一般人 より:

    制服で個性を出したかったのでは?

  2. KURI より:

    一般人さん
     大人になってしまうと、その時の気持ちって思い出そうとしてもよく分かりません。なんであんなことしたんだろうってことばかりです。(^_^)

  3. 匿名 より:

    最近、「ユニクロに年配者の男性客が増えた。」と感じます。
    きょう、駅ビルのユニクロに、しんちゃんパパの「ヒートテックステテコ」を買いに行ったのですが、お客さんの3割が70歳(?)以上に思えました。
    ヨーカー〇ーの紳士用品売り場に、お客さんがいないわけです。
    松戸のヨーカー〇ーにはGUがあり、お客さんが多いですが、ヨーカー〇の婦人洋品売り場は閑散としています。
    90歳の母でさえ、時々、ユニクロで買っています。

  4. KURI より:

    しんちゃんママさん
    >「ユニクロに年配者の男性客が増えた。」
     私もそれを実感します。しかも、年配者の男性がおひとりで洋服を選んでらっしゃるのが目につきました。今までは仰るようにデパートの紳士服売り場へご夫婦で来られて、奥様が選んで夫に「これどう?」って合わせて、夫が「どれでもいいわ」って関心無さそうにしていた風景が多かったような記憶があります。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

塩麹納豆と塩麹イカ塩辛納豆

 塩麹を納豆にまぜて2~3日。  本日いただいてみました。  まろやかで奥深い味になりました。  遠くに酒粕のような香りを感じて、なかなか上品なお味でした。  もうひとつ作ったのが、  塩麹を入れて作 …

no image

クリスマス・イヴ

 クリスマスは何の節句だったかな?と思うほど日本に定着したイベントですが、我が家もそれに便乗して毎年盛り上がっております。  ほぼ昨年と同様のメニューとなりました。ケーキも昨年同様マックスバリューの店 …

no image

日の入り

 滋賀県は四方を山に囲まれた県です。琵琶湖の一番南端になる大津市も琵琶湖が広がる北側は開けていますが、西と南は近くまで山が迫っています。よって夕方は早くに日が沈んでしまいます。  上の写真を撮影したの …

no image

HATSUYUME

 息子がいきなり歌手としてデビューすることになった。  あまりに突然のことで魂消た。  「ごめん、今まで黙っていて」  派手な衣装をつけ、背後にテレビ局のカメラマンを従えて  「実はここにもカメラが仕 …

no image

映画「桜田門外の変」@ユナイテッドシネマ大津

 1000円鑑賞券があったので、ひとりで映画館へ行きました。  観客は15人ほど。中高年のご夫婦やおひとりでの方が多かったです。  冒頭は時代背景が描かれて、その後すぐに桜田門外の変が起こります。   …