今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 出来事 草花

引き篭もりの寒い日

投稿日:2021年12月27日 更新日:

 
 
 歩きに行こうと外に出たものの、
 あまりの風の冷たさに引き返す。
 玄関先の植木鉢を、
 風に飛ばされぬように位置を変えたり、
 寒さ避けにビニール袋を被せたり。
 リビングに飾ってあったクリスマスツリーも分解して押し入れに仕舞い込む。
 いただきもののラムレーズン入りのパウンドケーキに、
 昨夜の宴の名残りがある。
 自分の部屋に石油ストーブを焚いて、
 ハンテンを羽織ってドラクエ11Sのラスボスを倒す。
 無事に倒してエンドロールを迎えるが、
 まだレベルは55。
 ここまでも十分楽しかったが、「End」の後に・・・・・「to be continued」
 まだ続きがありそう。
 昨夜の生春巻で使ったアボカド。
 それのタネを栽培してみようと、見様見真似でセットしてみた。
 発芽するだろうか?

-ひとりごと, 出来事, 草花

執筆者:


  1. Aki より:

    昨日気温は低かったけど、風も無く静かでしたねぇ
    飲んだくれて終わっちゃったけど、ちょろっとツーリングできたかな・・・

  2. KURI より:

    Akiさん
    寒かったですねぇ〜。琵琶湖の北部は大変そうですが、この辺りは雪はほぼないです。京都市内も数センチ積もったみたいなのに。
     でも道路はアイスバーンでツルッツル。危ない危ない。

  3. 匿名 より:

    夏に弟が送ってくれた沖縄マンゴー。
    種を水栽培して、秋にプランターに植え替え。
    ペットボトルで簡易温室を作り、新葉が出てきました。

  4. KURI より:

    しんちゃんママさん
     大切にそして順調に育てられているようですね。うちのアボカドくんもまずは発芽してくれるとうれしいなぁ。「育てる」は楽しいですよね。また色々教えてください。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

今どきは

 私がまだ若い頃には、小説の中や歌の歌詞でも「明治、大正、昭和と生きてきて」という言い回しがあった。  今日聴いた上沼恵美子さんの歌の中では、「昭和 平成 令和へと 三つの時代を生き抜いて・・」という …

不易流行

 「不易流行(ふえきりゅうこう)」:〘名〙 蕉風俳諧の理念の一つ。新しみを求めてたえず変化する流行性にこそ、永遠に変わることのない不易の本質があり、不易と流行とは根元において一つであるとし、それは風雅 …

靴を揃える

 子供が小さい頃、  玄関にバラバラと靴が散らばって脱いであるのはいい。  「ちゃんと揃えて脱ぎなさい!」って言う怒鳴り声が響いて微笑ましくさえある。  仕事を終えて帰宅すると、それほど狭くもないはず …

出前

 今までも「出前」というものをあまり利用したことがなかった。  子供の頃には、蕎麦屋に頼んだことはちょこちょこあって、それが楽しみでもあった。  街中を出前のカブが行き来していたし、かなりの注文があっ …

味噌汁の置き場所

 我が家では、手前左にご飯を置いて、手前右に味噌汁椀を置く。  その奥正面にメインのおかず。その両脇に副菜など。食事中にお茶は飲まず、食後にいただく。  新婚当初は、「味噌汁は必ず作るかどうか」で揉め …