今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

自分で決めたいこと

投稿日:

 これも養老孟司先生の講義から。
 「自分で決めたいことと、自分で決めたくないこと」
 アメリカ人と日本人にそれぞれ書いてもらったと。
 表には「それは絶対に自分で決めたい!」ってこと、
 裏には「そんなこと適当にあんたが決めてくれていい」ってことをかく。
 結果はもう想像ついてらっしゃると思うが、
 アメリカ人は「自分で決めたいこと」を表にぎっしりと書ききれないくらい書いた。
 裏には「自分で決めたくないこと? そんなものあるか!」って、ほとんど書いていない。
 日本人はそれと真逆の結果。
IMG_7120.jpeg
 我が子には、「職業なんて『あなたはこれやりなさい』って決めてくれたら楽でいいのに」って言うのがいる。
 就活で面接官に叩きのめされて、自分を全否定された世代。
 「なんなら結婚相手もお父さんたち決めていいわ」って。
 車の定期点検に行って1時間ほどロビーで待つ。
 そこに友人から緊急に返事をしないといけない連絡が入って、返事を書いていると。
 お店の人が「お飲み物は何になさいますか?」とメニューを見せてくれる。
 「あ〜、すみません。なんでもいいです。」
 「どれか選んでいただかないと・・・」
 これは、「そんなこと適当にあんたが決めてくれていい」と言う部類。
 と言われた方も困るだろうけど。
 大河ドラマで、渋沢栄一が妻の千代さんを亡くして、後添えを迎えようとした時にも、
 「そんなこと適当にあんたが決めてくれていい」と言う感じだった。
 「結婚する相手くらいは自分で決めさせてくれ」と言うのも、状況によっては変わってくるのだ。
 人生にはたくさんの「選択」する場面があると言う。
 でも現実には、養老孟司先生の言うように、
 「こうあるべき」と「しょうがない」は理想と現実。
 というように、「こっちを選べってことだよね」という流れで決まっていくことが多い。
 どちらを選ぼうかと迷って、それに関する情報を集めても、
 どちらにもメリットとデメリットがある。
 情報を集めれば集めるほどわからなくなる。
 しかも、どの道「正解なんてものはない」のである。
 人生に近道も遠回りもない。
 「これだけは自分で決めさせてくれ!」っていうものを一つだけあげよと言われたら、
 さて、なんて答えよう。
IMG_6889.jpeg
↑家族が好きな「ビクド」こと「びっくりドンキー」。いつも何を食べようか迷ってしまう。食べるものが決まってもかけるソースや食後の飲み物でまた迷う。
 ファミリーレストランに行っても、
 大きく開いたメニューを前にして、いつも長時間悩んでいる。
 「あなただったら、何にします?」って店員さんに聞きたいくらいなのだ。

-乾癬

執筆者:


  1. カラス より:

    確かにそうですねぇ。
    米国は個人主義で、日本は集団主義と大ざっぱに言われています。
    我が国は、家、家族、地域の繫がりの中で、生活が成り立っています。
    都会生活の人であっても、子どもの頃からの家庭環境や学校での活動も、集団をキホン大事に成り立っているわけです。個人の行動が、周りに影響することが少なからずあるのです。ですから、極個人的な事柄であっても、湖面に落ちる水滴のごとく、ワヤワヤと広がる感覚が頭に染みついているのかも。
    食事のメニューもね、一緒に食べる方々のことも考えなければなりません。

  2. 一般人 より:

    何でも正解なのでしょう。

  3. 匿名 より:

    >店員さんに聞きたいくらいなのだ。
     ⇒聞いちゃいました(笑)。
      この前、餃子の王将で、初めて天津飯を注文した時、
       若い女性店員さんに、
     「あんは甘酢・塩・京風、何にされますか?」と聞かれ、迷いました。
     「どれがおすすめ?」と聞いたら、
      一瞬、びっくりしていましたが、
     「私は甘酢が大好きです。」と即答されたので、   
     「では、おすすめの甘酢で!」と・・・。
      
    ビックリドンキーのハンバーグ好きですが、
    駅から遠いので車で行きます。
    お店で熱々がおいしいのですが
    最近は1人前食べられないので、テイクアウトして、半分ずつ。
    デッシュサラダ&イカのから揚げを追加して、これが定番。
      
      

  4. KURI より:

    カラスさん
     おっしゃる通りだと思います。私も同じイメージを持っています。
     自分の体のひとつひとつの細胞が、「私たちはみんな自由になるべきだ!」と主張し始めたら、色々と面倒なことになりそうです。(^_^)

  5. KURI より:

    一般人さん
     そう思っていた方がいいですよね。(^_^)

  6. KURI より:

    しんちゃんママさん
    >⇒聞いちゃいました(笑)
     わかります。お店に行って「おまかせ」「おすすめ」っていうのがあると、ついそちらに流れてしまいます。

  7. Aki より:

     食べ物に関して好き嫌いは無いつもりだけど、量が多いもの・冷たいメニューはお腹をこわしてしまいます、なのでお任せしますとは言えません・・・

  8. KURI より:

    Akiさん
     そのお店次第ですかね。
     定食屋でのランチメニュー「唐揚げ定食」「焼肉定食」「焼き魚定食」と「日替わり定食」は、一緒に行った人に「何にする? じゃ俺もそれ」にってなっちゃいます。
    これも食欲や体調次第ですけど。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

激安焼き肉パーティ

 受験を前に気合いを入れようと焼き肉パーティを行いました。と言っても、この時期の出費は厳しいのでなるべく安くあげようと肉を選別した結果は、豚バラ肉スライスと鶏ムネ肉スライスに決定。  タレを自家製にす …

no image

くつろぐ春休み

 春休みが始まってほぼ1週間。  小学生組は朝ものんびり、近所の子たちと遊んだり、姉妹でDSやったり、  そして、こうやって玄関先で春の日を浴びながら愛犬スズとひなたぼっこ。  明日は長女の大学の入学 …

no image

カレー粉を使わずにカレーを作ってみた

 いわゆるS&Bのカレー粉を使わず、市販のカレールーも使わずに、カレーを作ってみた。  それはカレーじゃなくて、○○だと言われりゃそれまでですが。  香辛料はコリアンダーとカエンペッパー(唐辛子)とタ …

no image

気持ちのよい散歩

 昨日は朝から気持ちのよいお天気でしたので、熱中症対策を十分した上で湖岸の散歩に出掛けました。  つばの広い帽子はもちろん、首には冷感バンドも巻き、補給のための水分も持ち、iPod nano 、デジカ …

no image

小さな幸せを拾っていく

 子供が5人もいた時は、  毎月のようにお祝い事があって、  めでたいめでたいと浮かれていたもんだが、  それぞれが独り立ちしていってしまうと、  何を口実に甘いものを食べたらいいやら。  とりあえず …