今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

淀んで候

投稿日:

 自分というものは、
 言ってみれば、様々なものが一時的に淀んだ状態である存在なのだ。
 これは食べたものや吸い込んだもの、
 見たもの、聞いたこと、嗅いだこと、味わったこと、触れたこと、
 それが物質であったり、振動(波動)であったり。
 そんな自分を通り過ぎていくものが、一時的に「淀んだ」場所が、
 「自分」というものじゃないだろうか?
IMG_6075.jpeg
 「あの頃の自分は」という表現するのも、
 「あの頃の自分」と「今の自分」をちゃんと区別していることだ。
 あの福岡伸一先生も、ベストセラー「生物と無生物のあいだ」の中で、こう書いている。
「私たち生命体は、たまたまそこに密度が高まっている分子のゆるい『淀み』でしかない。しかもそれは高速で入れ替わっている。この流れ自体が『生きている』ということ」
 澱み過ぎてしまうと、栄養過多(情報過多)になり沈殿してしまう。
 淀みがないと、流されしまって自分というものを見失ってしまう。
IMG_7521.jpeg
 適度に淀んで、適度に流れて、
 程よい栄養で、自分を維持できればいい。
 いつか流れが変われば、淀みもなくなる。
 それを「死」と呼ぶのは、
 なんだか違うような気もする。

-乾癬

執筆者:


  1. 匿名 より:

    >適度に淀んで
     ⇒10月中旬から12月中旬までは、帯状疱疹後神経痛で、
      心が淀んでいました。
     「いつか治る。あせらないでその時を待とう!」と耐えていました。
    >流れが変われば、淀みもなくなる
     ⇒かかりつけ医W先生の励まし&薬のおかげで、
      クリスマス前後からその淀みが流れ出しました。
      
      
      
      
      
      

  2. アプリ より:

    淀み、自分を振り返ると、精神面でしょうか(肉体の体調面の影響があるでしょうが)淀んでいると、物事がすんなりと運ばないで時間ばかり過ぎていくという状態のときがあります。何か理由があってがんばり過ぎたとか、で、休むとかなのか、時間の経過だけなのか、その淀みが薄められると、悪かった調子が挽回されていつもの調子に戻ってくる。どうもその淀みがあるときと、ないときの周期が繰り返されているように思います。
    昔、指にイボができたときに、皮膚科に通ってもなかなか治らずに1年ぐらい治すのにかかったことがありました。液体窒素凍結療法だったのですが・・・治りだしたら一気に早かったです。
    帯状疱疹、お大事に、早く治りますように。

  3. 一般人 より:

    最近、哲学的ですが、何かありましたか?

  4. KURI より:

    しんちゃんママさん
    >クリスマス前後からその淀みが流れ出しました。
     良かったー!(^_^)
     それでも大変でしたねぇ。 体が不調だと心も引き摺られがちになりますから、誰かがそっと寄り添ってくれるだけでうれしいものです。

  5. KURI より:

    アプリさん
     いつも回復の邪魔をするのは自分の心だったりすることがあります。
     ある本では、病気が治らないのは、「治らない方が都合がいい」という人もいるようで、「自分はそうなのだろうか?」とまた迷ったりした時がありました。
     心というのは本当によくわからないものです。

  6. KURI より:

    一般人さん
     いやぁ、そうでしたかぁ?
     すこぶる元気で、通常運転しております。(^_^)
     ご心配ありがとうございます。

  7. 匿名 より:

    アプリ様
     こんばんは!
     ありがとうございます。
    >指にイボができたときに、皮膚科に通ってもなかなか治らず
     ⇒気持ち、わかります。
      
    帯状疱疹が一段落したら、すぐに内科的病気になり、通院中。
    どちらも、免疫力低下が原因のようで・・・。
    処方された薬を飲み、免疫UPの食事、睡眠&信頼できるドクター、
    じっくり治します。

  8. 匿名 より:

    一難去ってまた一難、帯状疱疹後神経痛の次は年末から内科的症状。きょう、かかりつけ医W先生で再検査したら、「あと一息だぁ!」との診断。淀みが滞留???「検査結果、ハナ○」と言われるまで、通院します。

  9. KURI より:

    しんちゃんママさん
     そうでしたか。なかなか手強いですね。どうかお大事になさってくださいませ。
     正月疲れも出てきたのか、体調崩す方多いですよねぇ。街を走る救急車も今日は多かったです。
     みんなお疲れ様です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

春日大社

東大寺から修学旅行生の小学生たちと一緒に歩いて春日大社へ向かいます。歩いて20分ほどです。  東大寺前の奈良公園も紅葉が綺麗でしたが、春日大社周辺もなかなか情緒がありました。  春日大社の主祭神は「武 …

no image

ちらし寿司

先日は再び「ちらし寿司」を作ってみました。 前回は、干しいたけ、凍り豆腐、人参、レンコンなどを入れましたが、今回は刺身がメインです。  近所のスーパーで、キハダマグロ&びんちょうマグロが見切り品で「半 …

no image

大文字山(山科駅~毘沙門堂~Aコース~大文字山~雨社~おねがい観音~林道~三井寺)

 ちょっと久しぶりの山歩きです。  前回が11月25日でそれから18日ぶり。  あれだけ燃えるように美しかった毘沙門堂の紅葉も、今ではこの通り。↑  18日前に同じ場所から撮影した写真とは思えません。 …

no image

段違いのベンチ

 京阪大津線の大谷駅ホームのベンチ。  ここは京都の入り口である「逢坂の関」に近いところ。    駅自体が峠の途中であるためにホームにも斜度がある。そこにベンチを作るとこのように段違いのベンチが出来上 …

no image

紅茶の焼豚

紅の豚ではありません。  今朝作ったのは、麦風さんに教えていただいた「紅茶の焼豚」です。  鍋に紅茶(ダージリンを小さじ山盛り4杯分入れました)を入れて沸騰して、豚もも肉かたまりを煮込みました。香辛料 …