今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

「足」という乗り物

投稿日:

 もう長いこと乗っているこの「乗り物」は、
 誠によくできたもので、まるで自分自身のように思い通りに動いてくれる。
 乗り心地も大変素晴らしく、
 凸凹道を進んでも、頭に振動が響くことがない。
 主に前に進むが、後ろにも横にも斜めにも進むことが可能で、
 数十センチの段差でも踏み越えられるし、
 45度くらいの坂でも平気で登ってくれる優れものだ。
IMG_0711.jpeg
 自分が行きたい場所がわかるのだろうか、
 勝手に動き出す。
 言葉で命令しなくとも、
 私を乗せて、家から勝手に出て行き、
 私が行きたいところまで乗せていってくれる。
 だから、家を出るときには、その乗り物の底が傷つかぬように、
 靴というものを取り付ける。
IMG_7691.jpeg
 どこかが不調な時は、なんとなくわかる。
 そんな時はしばらく休ませると勝手に治ってくれる自動回復装置までついている。
 大きく破壊されることがなければ、私よりも長持ちするらしい。
 これも不思議だが、
 自分が行きたくないところに行かなくてはいけない時には、
 どうも動きが鈍い。
 なんだか重い感じがするのだ。
 それと酒を飲んだりすると、
 動きが乱れる時がある。
 真っ直ぐ進むつもりが、横に行ってしまいがちなので、
 なかなか目的地につかないのは困ったものだ。
 お前の調子がいい時は、
 私もご機嫌だ。
 今日もこんないい天気だから、
 お前に乗ってまた山に行きたいな。
 今までも、お前に乗っていろんなところへ行ったよね。
 無理をさせたこともあったけど、
 そんな時でも頑張ってくれた。
 翌日は散々文句言ってたけど、
 また次も頑張ってくれた。
 これからも大事にするから、
 一緒にいろんなところへ行こう。
 もうそんなにスピードは上げなくていいからね。

-乾癬

執筆者:


  1. 匿名 より:

    右足の靭帯損傷&左足骨折を同時にやった時、室内用&外出用の車いすを2台レンタルして、起きてから寝るまで車いす生活でした。自力では立てなくて、簡易の固定手すりをレンタルして、どうにか生活。
    2か月間車いす生活していたら、最初の一歩が怖くて怖くて、歩けない。看護師さんに「無理に歩かなくていいから、自信がつくまで車いすを続けましょう。」と言われました。車いす⇒松葉杖⇒杖になり、ちゃんと歩けるまでには半年かかりました。

  2. KURI より:

    しんちゃんママさん
     それは大変でしたねぇ。無事に回復されて本当によかったです。
     当たり前と思っていた機能を失うと、心からそのありがたみがわかりますよねぇ。私もぎっくり腰や足の故障で身動き取れない時、実感しました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

猿に出会ってしまったら

 昨日は再び猿に出会ってしまいました。  1匹だけであっても、これから進むべき一本道の真ん中にデンと居座られて、こちらを睨んでくるような状態だと恐いものです。     昨日はまた総勢50匹ほどの大きな …

no image

夕日から夜景へ@将軍塚in京都

 昨日は次女、3女、4女を連れて京都の東側にある将軍塚へ行って来ました。      夕日が西の山に沈むと、夕焼けは刻一刻と表情を変えて行きます。  そして、最後は夜景へ。  チビたちといい思い出が出来 …

no image

大根の葉で

さてそろそろ寝ようかと思った時に、 台所に切り取られて置いてあった大根の葉っぱ。 これを放って寝てしまっていいものか? 結局、生姜と塩で下味をつけて豚コマと、木綿豆腐と合わせて炒めて、 醤油、酒、みり …

no image

京都:オヤジふたり旅 その2

その2です。 今宮神社を出て金閣寺に向かう途中にあったローソン。  「ローソンストアー100」という店で、100円均一です。滋賀県にはまだ1店もありませんが、京都にはもう何店舗もあるようです。  やっ …

no image

初日

帰省初日の朝は渋滞を避けるために午前4時に起きて朝ご飯もろくに食べずに出発でした。 午前5時過ぎに出発してすぐに高速道路に入りましたが、こんな時間なのに既に対向車線は車の列でした。 こちらの登り車線は …