今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

乾癬

初詣とママの檄

投稿日:

IMG_7413.jpeg
 初詣とは別に、
 例年、参拝する厄除けの観音様へ、
 今までずっと車で行っていたが、今年は初めて電車とバスを使って出かけた。
 娘4人は自家用車で、私たち夫婦は電車とバスで。
 ようするに、6人が乗り切らないから仕方なくだ。
IMG_7414.jpeg
 電車からバスへの連絡もよく、
 観音様の目の前に停留所もあるので楽チンだった。
 この観音様へは、700余段の石段を登っていく。
 休憩なしで一気に登って13分くらいだが、
 途中で息が続かず2〜3回休憩する人も多く、
 そうすると30分以上かけて登る。
 これで現在の体力を測る。
 以前、体重が今よりも6〜7kg多かった時に、
 3回休憩し、その都度吐きそうになっていた時があった。
 そう、その時から「このままじゃイカン!」と思ってウォーキングやジョギングやダイエットを始めたのだ。
 それがもう10年以上前。
 今日は元気いっぱい。
 妻と二人同時に「どや!」ってなもんで、13分で登り切った。
 この観音様のおかげだ。
 IMG_7415.jpeg
 登っていく人たちは、みんなゼイゼイと息が上がっているのだが、
 そんな中で30代くらいママさんが、5〜6歳の男の子へのエールがなかなか激しかった。
 「諦めたらあかんで!諦めたら一生後悔するで!」
  一生??
 「ここで挫けてまうと、一生挫けた人生になるからな!」
 そ、そこまで?
 「うしろの人に迷惑かかってるやん! はよ歩き!」
 いやいや、全然大丈夫よ。
 「後ろを振り向いたらあかん! 前だけ見て歩いていればええんや!」
 は、はい。
 どうしてここでそこまで人生を絡めて檄を飛ばすのだろう?
 「そんなんじゃ人生を棒に振ることになるで!」
 一体この母と息子の間に何があるのだろう?って心配になってきてしまった。
 結局、私がちが13分で登れたのも、ママによる愛の鞭のおかげかもしれない。
IMG_7426.jpeg
 観音様の山から下って、また違う厄除けの神社まで歩き、
 そこの焚き火で癒されてきた。
 焚き火最高!
 帰りもバスに乗った。
 IMG_7427.jpeg
 近頃のバスは、以前の様に小銭の心配をしたり、
 あ、1万円札しかない!とか、たくさん降りる人がいるのに千円札を両替しなくちゃとか考えずに、
 ICカードで「ピッ」と支払えるから楽々。
 運転席の魔法の杖のような長〜いシフトレバーなくなり、
 オートマチックトランスミッション車(AT車)になっていた。
 これからはバスに乗る機会も増えてくるのかなぁ?と思いつつ、
IMG_7428.jpeg
 いつもの二両編成の小さな電車にコトコト揺られてきた。

-乾癬

執筆者:


  1. Aki より:

    昨日の長瀞アルプス、最後は宝登山への急な階段、同行の82歳元体育担任のI沢先生、さすがに苦労してました。でも下山後の舗装路歩きは元気一杯、こちらが置いて行かれそう、日頃どんなところを歩いているかで差が出ますね。

  2. KURI より:

    Akiさん
     なるほど、そういうものですか。
    I先生も82歳ですか。私が教わっていた頃は30代。若かったんだなぁ。
     宝登山、最後の最後に200段の階段なんですね。キツそう。(^_^)

  3. 一般人 より:

    関西らしい励まし方ですね。
    真に受けると、何回死んで生き返るか。

  4. 匿名 より:

    >ICカード
     ⇒便利ですね。
      電車・バス・コンビニ・一部スーパー・病院・調剤薬局・郵便局・
      ドラッグストア・ファミレス・丸亀製麺・ほっともっと(弁当)・
      かかりつけ眼科・日高屋(ラーメン店)・シャトレーゼ・宅急便・
      駅ビルショップなどなど・・・。
      PASMOとナナコとCoGCa(近所のスーパー用)があれば、
      行動範囲の8割は、お財布を出さなくても大丈夫。
      

  5. KURI より:

    一般人さん
     ホント、いちいち真に受けていられませんよね。
     小学生くらいになればみんな「やかましいわ!」って返せるところがすごいです。

  6. KURI より:

    しんちゃんママさん 
     一気にキャッシュレスになってきましたよね。そのうちお年玉もキャッシュレスになって、「あ〜現金はちょっと勘弁」なんて言われちゃうかもです。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

SOSって

  SOSとは、ずっと何かの頭文字をとったものだと思っていた。  SAVE OUR なんとかなど。  「SAVE ON」だと「節約」っていう意味になってしまうけど、  「緊急事態です!」みたいな意味の …

no image

京セラ美術館にて上村松園展

 妻と京都の絵画展へ行くのはどれくらいぶりだろう?  「京都市美術館」が「京都市京セラ美術館」に変わって、  大きく改装してからは初めてだ。  東山駅で下車して、ゆったりと流れる白川沿いを北上。  午 …

no image

大イチョウと少年野球

 小学生の頃、少年野球を少しだけやっていた。  練習は、隣の集落にあるお寺の境内。  学校が終わってから、だらだらと集まった。  その境内には、樹齢300年ほどの大きな大きなイチョウの木が立っていた。 …

no image

コアユ偵察 平成23年2月20日

 今日も朝から湖岸を散歩。  びわ湖ホールからスタートして、諸子川、堂の川と偵察。  バス釣りの人たちはいつもよりも多かったものの、コアユ釣りの人はさすがに誰もいませんでした。  総門川は、バス釣りの …

no image

NHKスペシャル「クニ子おばばと不思議の森」

 表題だけ見たら、次の宮崎アニメの新作か?と思わせるかわいいタイトルですが、内容はそれ以上にすばらしいものでした。  内容 「今なお秘境と言われる宮崎県椎葉村。その最深部の山奥に、今も夏になると山に火 …