今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

サバ ブロッコリー 常備菜 料理 春菊

4月上旬の常備菜

投稿日:2020年4月4日 更新日:

  • ゴマサバの味噌煮
  • ブロッコリー(茹で)
  • 菜花のお浸し
  • 春菊の胡麻ポン酢和え
  • ポテトサラダ
  • ゴボウのサラダ
  • きんぴらごぼう(ブロッコリーの皮入り)

息子夫婦に渡す分として。

 サバの味噌煮

 街の老舗のお惣菜屋さんの味噌煮は、やたらと甘くてやたらと美味しい。その味噌煮をいただいてからは、うちも甘い目に作ることにしている。

 生サバの切り身に、表と裏に熱湯をかけて霜降り。

 フライパンに、砂糖・醤油・味噌・日本酒・すりおろし生姜・水を煮立たせてから、サバをいれる。

 15分くらい煮てから放冷。

菜花のおひたし

 熱湯に2分。

 流水にとって急冷してから絞る。

ブロッコリー(茹で)

 熱湯に2分。

 ザルにとって放冷。

春菊のゴマポン酢和え

 熱湯に1分。

 流水にとって急冷してから絞る。

 味ぽんで絡めて、炒りごまと和える。

ゴボウのサラダ

 細切りにしたゴボウは水に晒し

 細切りニンジンも少々用意

 顎に自信のある人は熱湯で1分

 それ以外の人は熱湯で3分茹でる

 醤油とマヨネーズで和える

 炒りごまやゴマドレッシングを追加すると香ばしくなる

ポテトサラダ

 毎回味付けが変わるのでレシピなし。

 今回は玉ねぎなし。市販の黄色いたくあんを刻んで入れて、甘酢も一緒に。

 キンピラゴボウ(ブロッコリーの皮入り)

 毎回、ブロッコリーの皮のために作るお惣菜。

 今回は量が多かったので、醤油大さじ4、砂糖大さじ4、日本酒大さじ4で。

 辛いのが苦手な人が多いので、鷹の爪はなし。

 豆科の野菜が多いかと思ったが、売り切れだったのか大きめのキヌサヤしかなかったのが残念。午後2時ごろでは遅いかも。次は朝から訪れたい。

 それでもこのご時世で野菜が安くたくさん買えるのはありがたい。息子夫婦にもたくさん渡すことが出来たが、ついついたくさん作ってちょっと多すぎた。







-サバ, ブロッコリー, 常備菜, 料理, 春菊
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

春菊と小エビのわさびマヨパスタ

 春菊と冷凍エビは、サッと熱湯で30秒ほど湯通ししておく。  スパゲティーは表記通り茹でる。 マヨネーズ大さじ3麺つゆ 大さじ1わさび 小さじ1  以上を混ぜ合わせておく。  フライパンにオリーブオイ …

シャトルシェフで煮豚

 友人にいただいた中古のシャトルシェフはこの冬大活躍だ。  今回は煮豚に挑戦。  フライパンで豚肩ロースの塊の表面に焦げ目を入れてからシャトルシェフに移す。  シャトルシェフには、  醤油 1カップ  …

子に料理を教える

娘が最初にひとりで作った玉子焼き。塩コショウもしていない、ただフライパンで焼いただけ。  子供には料理ができるようになって欲しいと  小さい頃から包丁を持たせたりしていたが  結局、何も作れる料理がな …

豚バラとモヤシのロール春キャベツ

 春キャベツが美味しそうだったので、ロールキャベツを作ろうとしたが、ひき肉と玉ねぎがなかったので、刻んだ豚バラとモヤシを包んでみた。  刻んだ豚バラには、卵、片栗粉、塩、黒胡椒、オイスターソース、ケチ …

軒しのぶをおしたじで

 「京ことば」  平安京の時代から1000余年、京都の街は日本の首都であった。  よって、江戸中期までは「京ことば」が日本の標準語であり公用語であった。  でも、「どす」とか「はる」、「やす」は幕末以 …