今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「東京原発」

投稿日:

 東京都知事が東京に原発を誘致すると提案したことから巻き起こる、パニック風刺サスペンス。監督・脚本は「黄昏流星群 同窓会星団」の山川元。撮影は同じく「黄昏流星群 同窓会星団」の北澤弘之、音楽プロデューサーは「うつつ」の長岡和弘、美術を「TRICK トリック―劇場版―」の稲垣尚夫が担当している。出演は「油断大敵」の役所広司、「カラオケ」の段田安則、「わたしのグランパ」の平田満、「座頭市」の岸部一徳、「ロボコン」の吉田日出子。

映画.com

 楽しい映画だった。脚本もよければ役者の演技も最高。そして、随所に笑いの要素も散りばめられていて、言うことなし。

 一人ずつ役者さんを挙げて解説したいくらい、どの役者さんも上手。もうクスクス笑いっぱなし。

 個人的には菅原大吉さんが好きで、いつも笑わせてもらっている。すっとぼけたボケが最高。

 脇役陣というか、みんな主役という感じ。

 

 人気のある東京都知事(役所広司)が、都庁の役員を集めて「東京に原発を誘致する」と発言するところからスタート。

 そんなの都民が納得するはずない、そんな面倒なことやるなんて冗談じゃないというスタンスだが、少しずつ都知事に丸め込まれそうになる。

 そこに、極秘でフランスから処理済みのプルトニウムが運ばれてくることになり、それが訳あって東京湾に運ばれ、それを陸路でトレーラーに乗せて運ぶことになった。

 しかし、そのトレーラーが爆弾マニアの少年によって乗っ取られて、時限爆弾を仕掛けられてから大騒ぎ。

 そうこうしているうちに、都知事がどうして東京に原発を誘致するなど言い出したかということが判明してきて、当初の会議のメンバーが一致団結して乗っ取られたトレーラーを取り返すことになっていく。

 パニック映画というより、最後までコミカルで楽しい映画だった。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「一度死んでみた」

大嫌いな父親に「死んでくれ!」と毒づく女子大生と本当に死んでしまった父親が巻き起こす騒動を、広瀬すず主演、堤真一、吉沢亮共演で描くドタバタコメディ。「犬と私の10の約束」「ジャッジ!」で知られる澤本嘉 …

ドラマ「この恋あたためますか」

森七菜主演!夢破れたコンビニアルバイト×業界最下位のコンビニチェーン社長が「一番売れる」スイーツの開発を通して繰り広げるオリジナル「スイーツ×ラブ」ストーリー!  もう何と言っても、森七菜ちゃんが可愛 …

映画「小説の神様 君としか描けない物語」

相沢沙呼による小説「小説の神様」を、佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈のダブル主演で映画化。中学生で作家デビューしたものの、発表した作品を酷評され売上も伸びないナイーブな高校生作家 …

ドラマ・映画「深夜食堂」

 Amazonプライムで初めて観て、夢中になった作品。  こんなお店をやりたいなぁって思っていたそんなお店を描いた作品。  お店のメニューは、豚汁定食とお酒しかないけど、作れるもんなら作るよっていうス …

映画「勝手にふるえてろ」

芥川賞作家・綿矢りさによる同名小説の映画化で、恋愛経験のない主人公のOLが2つの恋に悩み暴走する様を、松岡茉優の映画初主演で描くコメディ。OLのヨシカは同期の「ニ」からの突然の告白に「人生で初めて告ら …