今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

花を振り向けば

 花を振り向けば  いつも見送る目がある  花を振り向けば  いつもやさしい言葉がある 「いってらっしゃい!」の手を振る笑顔  どれほど大切なことか  これが今生の別れとなるかも知れぬ  不機嫌で別れ …

あと何回一緒に見られるだろう?

2020/04/05   -生活
 , , ,

妻に誘われていつもの桜に会いに行った。 引っ越してきてからいつもいつも挨拶を交わしてきて桜。 その年によっては、そろそろ満開か?という頃に、 雨、雨、風、雨で、一番いい時を逃したこともあった。 今年は …

4月上旬の常備菜

ゴマサバの味噌煮ブロッコリー(茹で)菜花のお浸し春菊の胡麻ポン酢和えポテトサラダゴボウのサラダきんぴらごぼう(ブロッコリーの皮入り) 息子夫婦に渡す分として。  サバの味噌煮  街の老舗のお惣菜屋さん …

微妙とは

2020/04/03   -歴史, 生活
 , , ,

「昨日紹介したあの人どうだった?」 「う〜ん、ビミョーかなぁ?なんかピンと来ないんだよねぇ。」 「微妙」と言う言葉は、マイナスイメージで使われることが多い。 昨日は三井寺を歩いた。  金堂から観音堂に …

逢坂山から三井寺花見散歩

 新型コロナウイルスによる「往来自粛要請」が出ているので、隣町の山にはいけず、県内の山を散策することになった。  京阪京津線大谷駅からスタート。  午前9時55分に駅を降りる。車内はみんなマスク着用し …

こんなハズじゃなかった

 予想に反して起こった出来事に対して、 「こんなハズじゃなかった!」 「うまく行くハズだった!」 「ちゃんとお前に頼んだハズだぞ!」 「でもこれを乗り越えればうまくいくハズ、頑張ろう!」 この「はず」 …

手紙のありがたみ

長いこと手紙を書いてきた 遠く離れた母へそして、叔父や叔母たちへ仲人さん従姉妹にも書いたそして、親友にも 故郷を離れたから書けたのだと思う生まれ故郷に住んでいたら書いていなかっただろう しかし、母も亡 …

どこもかしこも不安商法

「放っておくて大変なことになりますよ!」 「こんな些細なことで後々えらいことに!」 「毎日のその習慣、大丈夫ですか?!」  テレビもネットも雑誌も本もこんなんばっかり。  情報を集めれば集めるほど不安 …

50代後半の死生観

 ちょっと時間ができたので、書き留めておこうと思った。  死についてのことだが、今は「死」というものが怖くない。うーん、「怖くない」という言葉は違うような気がするが、それに怯えていないという方が近いか …

グリルパンで作る料理【3選】

 具材をグリルパンという小さな鉄のフライパンに盛り付けて、ガスコンロの魚焼き用グリルに入れて焼くだけ。グリルも汚れず洗う手間もなく、上下から高温で短時間に焼くことができて、そのまま食卓に出せてちょっと …